響き合いプロジェクト震災復興を願い、いまこそ音楽を通して響き合おう

No Title

2011年10月29日 専修大学OB会の方々をはじめ、たくさんの方々にお支えいただき、石巻市立北上中学校の合唱祭のゲストとしてコンサートをさせていただきました。始まるまでは本当に緊張しましたが、始まってしまえばいつも通り、中学生と、その後ろの席のご家族や近くの仮設に住んでいらっしゃる方々と、楽しい時間を過ごしました。そしていよいよ『祈り』を歌う時が。この時ばかりはまた緊張に震えましたが、ともかく全身全霊をかけて歌いました。歌い始めてすぐ、後部席にいらした方が連れ立っておふたり、帰って行かれるのが見えました。ああやっぱり、この曲は悲しすぎて聴きたくないんだ。そう思いながらも歌っていると、ゴーーーッという地響きがして、びりびり床がうなり始めたのです。
えっ?今ここで地震?私は心底驚きました。実は4月に初めてこの曲をコンサートで歌った時も、その時と全く同じように、同じ歌詞のあたりで震度3の地震が起こったのです。その時私は、魂だけになったなった方々が『ここにいるぞ。ここで聴いているぞ!』と大地を揺らして存在を示されたように感じたのです。それから半年後、北上中学校の体育館で、また同じように震度3の地震が本当に起こるとは!生徒たちの中には立ち上がって先生の方を見る子もいました。どうしよう?でも私には確信がありました。大丈夫。この地震は止む。ちゃんと最後まで歌わせてくれると。やがて歌が大サビになる頃には穏やかに静まったのです。これは本当に一生忘れる事の出来ない経験です。『おまえ、みんなここで聴いているぞ!この歌を歌うなら、本気でやれよ!中途半端はゆるさないぞ!』そう釘を刺されたのです。ああこれはもう、後戻りはできない。そう覚悟を決めた瞬間でした。
コンサートが終わると、お母さんたちが駆け寄ってきてくださり、涙がでた、すごくよかった!と、握手をしたまま10分以上離さずにいらっしゃる方もあり、随分たってからやっと子どもたちの番が来る…。そんな感じでとても歓迎してくださいました。少しはお役にたてたようでとてもほっとしました。ところが、翌年の3月、生徒たちに合唱指導をするため再び訪れた時は、前回とはちがう空気だったのです。先生方はとても疲れてイライラしていらっしゃるようでした。『もう毎日こんななんです。次から次にボランティアの人が押し寄せて、普通の授業が遅れてしまうんです。』と。力を抜くための体操と深い呼吸の練習をしてみると、みんな体がカチカチで、呼吸も浅く、深く呼吸しようとするとむせてしまう状態。大人もこどもも心底疲れている。でもその中でこどもたちは不自然なほど明るく、がんばりすぎているんだとしみじみ感じました。私は予定を変更し、授業に負担がかからないよう、卒業式のための合唱練習にきりかえ、『旅立ちの日に』をみんなで練習しました。どれだけのことができたかわかりませんが、だんだんと声が大きくなり、のびやかにほがらかに歌うことが出来たように思います。
あれから随分通ってきましたが(学校だけではなく仮設住宅などに)、人々の疲れといらだちは、あまり改善されていないようです。避難所から仮設住宅へ、そこから今度は復興住宅へと、やっとの思いで築いた地域との関係をゼロからやり直さなければならない大変さ。お店を再建しても、人が住まなくなってお客さんが来ないこと。家を建て直そうにもかさ上げ工事が終わるのはいつのことやらわからない。高齢の方の再就職はなく、若者は仕事を求めて地元から離れてしまう。ダンプカーだらけの騒音や揺れ。東北の中でも、被災していない人々や被害の小さかったところでは風化が進み、近くにいても格差が広がっている事。様々な問題は山積みです。
でもそんな中、各地で高校生たちが立ち上がりはじめました。自分のふるさとで起こったこと、自分が体験したことを、語り部となって話すことで風化を防ぎ、同じ災害、悲しみが繰り返されないよう啓発運動をしようと動き始めたのです。彼らの本当に前向きでひたむきな想いに、頭が下がります。ここに、主の恵み、希望の光が降り注がれることを信じて、どうか共に祈っていただきたいと願っております。次回は、現地で出逢った高校生(現在)をご紹介したいと思っております。

写真は北上中学校の当時の校長 畠山先生
この方に巡り会えなかったら、その後の活動はなかったと思います。

はじめての東北

2011年3月11日未曾有の大震災が起こったあの日、私は翌日に控えたコンサートの打ち合わせの電話をしていました。受話器の中、時間差で起こった大地震に震えながら、ともかくまたあとで連絡を取り合おう!そう約束をして電話を切り、あわてて家に戻りました。テレビをつけるとヘリコプターからの実況中継が、不気味な黒い水がどんどん町を飲みこんでいく様子を生々しく映し出していました。走っている車も、学校も、何もかもが無差別に飲み込まれていくその様子を、呆然と、無力に見つめるしかありませんでした。

 家族の無事が確認でき、翌日からの仕事はすべて白紙になり、ありあまる時間の中で、あまりにも無力な自分を持て余しながら私は今何をするべきかを考え悩みました。そして…やっぱり自分は『うたうたい』。こんなときこそうたうんだ!そう心に決めて『祈り』という曲を作りました。ただひたすらに祈りながら。やがてその曲がきっかけとなり、その年の10月に、石巻市立北上中学校の合唱祭のゲストとして招かれ、コンサートをさせていただくこととなったのです。
しかし実際に被災され、家族や大切なものを失った方々の前で45分間何を歌い何を語るか?考えると、ふさわしい曲など一曲もないのではないかと思うほど、恐ろしくて悩みました。とくにこの『祈り』の歌詞はとても重く、被災者ではない私がこれを歌うことでかえって傷つけてしまうんじゃないのか?目の前で拒否されるんじゃないか?内臓が石になったように重苦しく、震えました。けれど、私はクリスチャン。この曲は神様が私に下さった曲。この曲を通して働いてくださるのは神様なんだから、主のお導きのままに、私はただ身をゆだねればいいんだ!祈りの中でそう答えをいただき、私の東北通いは始まりました。今までに30回ほど伺い、横浜に数回親しくなったご家族をお招きして交流会を行いました。貧乏ミュージシャンである木村真紀が、こんなに長く通うことができているのは、響き合いプロジェクトに賛同してくださって、募金してくださった多くの方々、継続的に支援してくださる方々ののおかげと、心から感謝いたします。
この活動の中で、天から降ってきたパズルのピースが ぱちぱちぱちっと完成する瞬間を何度も経験させていただきました。私など本当に小さな欠片ですが、たくさんの方々の想いや行動が結実する瞬間、私は天からの大きなちからを感じました。
かみさま ありがとう。助けてくださるみなさん 本当にありがとう。

追記:響き合いプロジェクトとは、シンガーソングライター木村真紀が、『私を東北支援に行かせて!東北で歌わせて!』と、立ち上げたプロジェクトです。賛同してくださる方からの大切な支援金を交通費、宿泊費、現地でサポートしてくださる方への謝礼として使わせていただき、みなさまの想いも一緒に東北へ行き、歌い、そこで見、感じた東北の現状をみなさまにお伝えする…という活動で

KIMURA MAKI Profile

きむらまき写真

大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動。CM、ゲーム、アニメ音楽など様々なジャンルを歌いこなす『七色ヴォイス』。もののけ姫『えぼしたたらうた』NHKおかあさんといっしょ『ぱわわぷ体操』ゲームアヌビス「Z・O・E」など作品多数。

結婚出産後、3枚のアルバムをリリース。一筋縄ではいかない日常をキラキラと…せつなく、やさしくうたうコンサートは、幅広い世代に共感を呼んでいる。

2011年『響き合いプロジェクト』を立ち上げ、『仮設がなくなるまで!』を合い言葉に今も東北復興支援継続中。復興応援CD『祈り/わたしはひまわり』をリリース。利益をすべて復興支援に寄付している。

東京音楽大学作曲専攻。2016年度松蔭大学生活心理学科非常勤講師も務める。

プロフィール詳細・活動履歴

PAGE TOP